子連れで伊勢神宮へ!実際に行ってわかったことと、気をつけるべきことまとめ

スポンサーリンク

管理人、実は厄年。

しかも本厄真っ只中です。

子供を産むと厄が落ちると言いますが、なぜかその厄を旦那と父がかぶることになり・・・

赤ちゃん産んだからそれでよし!って思っていたのが甘かった・・・

ということで、今回は私の両親とともに4人で伊勢神宮へ厄払いに行って来ました!

子連れでの伊勢神宮は初めてなことづくしだったので、いろいろと出来事をまとめますね。

伊勢神宮へはどうやって行ったの?

愛知県の実家から向かったため、車で行きました。

車種はダイハツCAST SPORTS

チャイルドシートに子供を乗せて、運転は父が担当。

まぁ、それにしても車は軽特有のすごくハネる感じとガタツク感じが否めなかったですね。

ん〜、、、いくら引退して大きな車がいらなくなったとは言え、私だったら選ばないな、まずこの車はって感じでした。

まぁ、結構しんどかったってことです。

伊勢神宮に到着

到着したのは伊勢神宮の反対、おかげ横丁の入り口に近いところにあった、五十鈴川沿いの駐車場。

子供は抱っこ紐で抱えて伊勢神宮へ向かいました。

伊勢神宮散策

内宮前に到着。

平日でしたが、観光地なだけあって人はそれなりに多いのがわかりますね。

宇治橋を渡ってちょっと歩くと、五十鈴川へ行ける道があるので、川で手を清めました。

木々が生い茂って空気が澄んでいる参道へと戻り、ご祈祷受付へと向かいます。

ご祈祷

気持ちがいいな〜と思って歩いていると、ご祈祷受付に到着。

厄払いの受付をして、待合室へ。

横長畳椅子のおかげで、子供を抱っこ紐から解放してあげることができました。

ご祈祷中の写真は撮れませんでしたが、子供はほとんど騒ぐことなく、厳かな雰囲気できちんと厄払いをしてもらうことができました。

正宮でお参り

その後は正宮でお参りをして、

子供と父と

荒祭宮でお願い事をして、帰りました。

赤ちゃん対策は意外としっかりしていた伊勢神宮

昔ながらの厳かな場所なので、子連れ対策はあまり行われていないだろうと思っていたのですが、思っていた以上にしっかりと用意していました。

ご祈祷待ちの間に行ったトイレには、きちんとおむつ交換台がありましたし、別の場所にはなりますが、授乳室も完備されていました。

やはり国内外問わず、いろんな観光客が来るので、そこらへんはしっかりと対策をしているようです。

ただ、神社といえば砂利道ですよね。

ベビーカーでの移動は石にタイヤが埋まってしまって進むのが大変そうでした。

また、階段も多いので、内宮に参拝する際は抱っこ紐で行くことをオススメしますよ。

伊勢神宮のマップはこちらをご覧ください。

スポンサーリンク

おかげ横丁

釜飯 わらじや

お昼ご飯はおかげ横丁にあった釜飯 わらじやへ。

伊勢の郷土料理が食べたかったため、ちょうどいいお店でした。

店内は、よくある日本のお蕎麦やさん的な雰囲気でした。

有名観光地とあって、平日ではありましたが、お店の中は満員でした。

まぁ、タイミングよく席が空いたので、すぐに案内してもらいました。

メニューを見つつ、頼んだものはこちら。

伊勢うどん

伊勢釜飯

手こね寿司

と、伊勢の郷土料理目白押し。

注文から時間がかかると思いきや、意外と早く料理が運ばれてきました。

実際の料理はというと、

伊勢うどん

伊勢釜飯

手こね寿司

と、メニュー表に載っていた写真より美味しそうでしたよ。

味はというと・・・感想は・・・ま、普通だな。笑

伊勢はもともと味が濃いので、薄味好みの人には口に合わないかもしれないですね。

ただ、思っていた以上に量があったので、一部残してしまいました。(ごめんなさい)

スポンサーリンク

赤福ぜんざい

伊勢に来たら必ず立ち寄る赤福!!

ここの赤福ぜんざいは、絶対に食べるべき一品です!

甘みもちょうどよく、お餅にあんこが絡まって美味しいんですよ!

小鉢のカリカリ梅・塩昆布も箸休めに食べるのがまた美味しいんです。

伊勢神宮でお参りして帰って来ると、どことなくお茶休憩をしたくなるものです。

赤福はゆっくり腰を据えて食べるというよりも、時代劇でいう団子屋に近いイメージなので、気軽に立ち寄れます。

子供も休憩で、小上がりのところで楽しくハイハイして遊んでしました。

ちなみに赤福ぜんざいは本店ではなく、向かいの内宮前支店五十鈴川店で食べることができるので、気になる方はお間違いのないように行ってくださいね。

赤福 五十鈴川店

また、ぜんざいは季節限定商品であるため、冬は赤福ぜんざい、夏は冷やしぜんざい赤福氷が販売されていますので、お気をつけくださいね。

松坂牛串焼き

伊勢というか、三重県で有名な食べ物の一つといえば松坂牛!!

観光地ではいたるところに松坂牛の串焼きやコロッケなどが売られています。

私も食べたかったので、食べ歩きで買ってみました!

本物の松坂牛だったため、お肉が柔らかくてとてもおいしかったです。

もう一本食べたかったですが、意外とお値段張るので1本で我慢しました。。。

牛串は私が買ったところが一番安かったみたいですので、写真を参考に探して見てください。

おかげ横丁の子連れ対策は?

おかげ横丁ではオムツ替えができるところが2箇所授乳室が1箇所あり、レンタルでベビーカーも貸してもらえます。

しかし、案内図で表記はされているものの、どこにあるか非常に分かりにくかったです。

飲食店もあまり子連れには対応していない感じでした。
(普通に入って食べる分には問題なし。)

おかげ横丁で働いている人は、赤ちゃんのための施設についてあまり詳しくないため、訪ねても結構適当に答えられて反対に迷ってしまいました。

迷っている中、優しい店員さんがいて、お店の事務所に案内してくれて、そこでオムツ替えをさせてくれたりと親切な方もいました。

子連れで伊勢神宮へ行く場合は、事前におむつ交換台・授乳室があるかをしっかりと確認したほうがいいでしょう。

ちなみに、おかげ横丁ではベビーカーの方がラクですので、持参するか、インフォメーションで借りるのが得策です。

おかげ横丁のマップはこちらをご覧ください。

まとめ

有名な観光地であるため、子連れ対策はきちんとしてあるものの、そこにいる人たちの子連れに対する意識があまり高くないため、長時間の観光はちょっときついなと感じました。

スムーズに観光をしたい場合は、事前の下調べをきちんとしてから行くことが成功の鍵となりそうです。

また、ご飯はお店で食べるよりも、立ち食いや赤福などの喫茶のが美味しいですよ。

お腹が空いた時はお店に入って食べるよりも、立ち食いや喫茶をオススメします。

今後、伊勢神宮へ観光を考えられている方は今回の記事を参考に観光を楽しんで来てください。

スポンサーリンク

投稿者プロフィール

こすぎたまこ
こすぎたまこ
オタク夫と結婚した、ノーマル妻。オタク夫の趣味に染められてきており、それがなぜか楽しくて、車に少しずつ興味を持ち出す。愛車はCopen。

関連記事