【出発1か月前~1日目乗車直前!!】TRAIN SUITE 四季島〜乗車記〜

スポンサーリンク

ヲタク夫です。

謎の小包が届くの巻

2018年某日。

家に。

なにやら四季島ツアーデスクから小包が届きました。

なんぞこれ?

開けると中から桐箱が。

ますますなんぞこれ???となるヲタク夫。

開けると中は・・・。

赤い布張りのお高級そうな書類箱に何かが入っている・・・。

これは・・・。

最終工程表と旅のしおりと荷物送付用のタグでしたwwww

記念品の荷物タグも入っていました。(写真の緑の板状のもの)

この箱、3泊4日コースだと桐箱じゃなくて会津漆器の書類箱で届くとか・・・。

四季島乗車時は荷物が一つ事前に送付しておくことができます。

これで、ほぼ手ぶらで乗車することができるんですね!

というわけで。当日の荷物の送付を4日前までに終わらせ、準備万端で地元へ戻りました・

あ、ドレスコードのあるディナーがあるので、スーツと靴は先に送っておいたほうが楽ですよ~!

持っていくとき大変なので。。。

前泊ホテルの予約の仕方

遠方から祖母を東京まで連れてくるので、出来れば新幹線で前泊プランが良いなあと探しましたが・・・。

うーんどれも高い・・・。

結局探し回って、JR東海ツアーズの「フリープラン東京 往復グリーン車つき!」を選択して予約したところ、ホテルと新幹線を別々で取るよりも2万円以上安かったのでこれを選択。

せっかく豪華旅行ですしね。

あと長旅なので贅沢に往復グリーン車をチョイスしました。

そしてホテルはできる限り駅から近いところにしたかったので、東京ステーションホテル!

2012年に大改装が終了した東京駅の中にあるホテルが東京ステーションホテルです。

東京駅の北と南にドームがありますが、ドームの天井を見上げた時、横にある窓はホテルの客室の窓なんですね。

一度泊まってみたかったのと、何より駅の真上で移動する必要がなかった為、こちらを選びました。

乗車前日!

そして・・・。

ついに当選して満を持して乗車する日がやってまいりました、四季島。

さて今回は乗車するのは私を鉄の沼に導いた張本人!

私の祖母と乗車します!

88の祖母にとっては結構な長旅だと心配していたのですが・・・。

N700Aグリーン車で駅弁をほおばる御年88の祖母。

この婆さん、只者ではない・・・。

食欲は旺盛だわ、0系時代の新幹線に乗った以来だかなんだかで始終テンション高いわ、食後のコーヒーも平らげるわ・・・。

・・・元気すぎますね、この人。

私は新幹線の中で有名なシンカンセンスゴクカタイアイスとコーヒーを頂きながら、新幹線は無事東京駅に到着。

とりあえず、駅周辺で記念撮影。

娘と奥さんが東京駅まで来てくれたので、駅の中にあるトラヤ トウキョウさんでランチ兼お茶を頂きました!

この赤レンガも東京駅ができた時のものだそうです。

110年以上前のもの。

食事後、嫁さんと娘が実家に帰る為、東京駅で見送りました。(さみしいけどばいばい~)

スポンサーリンク

東京ステーションホテルこれからチェックイン。

さて、お別れも終わり、祖母さんも流石に少しお疲れの様子なのでチェックインです。

以下、フロントでのやり取り。

ヲタク夫「予約してるヲタク夫です~」

ホテルマン「ご予約承っております。本日スーペリアでお取りしておりますが、本日でしたら1万円追加いただければジュニアスイートの変更を受け賜ることが可能で御座いますが・・・」

ハイ、そういうの大好きです!

今までも、リッツカールトン大阪でもグレードアップ提案もらったことありますし、飛行機で格安グレードアップ(クラスJとか)提案されたら即乗ってしまう私。

「・・・ちなみに、何が変わるんでしょう?」

「お部屋が皇居前側に変更となり、アメニティがブルガリのものに変わります」

祖母さんと二人で泊まるけど、せっかくだしね!(お前が泊まりたいだけやろ)

というわけで、ジュニアスイートに変更してもらいました!

寝室の反対側には小さいリビングがついています。

テレビも二台あって、ここで寝ころびながらTV見てました。

アメニティはしっかりブルガリでしたw

部屋からの景色は皇居が真正面。

最近この広場も整備されて、東京の玄関口として威容を誇っています。

洗面台もこの通り。

シャワーも浴槽もしっかり分離された区画になっていたので、体も洗いやすかったです。

とりあえずこの日は、東京駅で適当にご飯を食べて早めに就寝しました。

流石に鉄人婆様もお疲れの様子でしたw

スポンサーリンク

四季島乗車当日。

眠い目をこすりながら、横に長い東京駅の廊下をずんずん歩いていきました。

目指すのは朝5時起床からの朝ごはん!

なんでも朝食はアトリウムで食べるらしく、どんな場所だろう、と心躍らせながら歩いていきます。

うん、俺様すっげえ場違い☆

この場所、東京駅の真ん中のドームがあるじゃないですか、

この大屋根の裏手、屋根裏部分のようです。

エッグベネディクトを目の前で焼いてくれます。

赤玉メロンも食べ放題。

パンやケーキもこの通り・・・。

全部食べようと思っても食べきれないですね。。。。

うーんとってもお上品!

腹いっぱい朝ごはん頂きました!

ホテルの朝食はやはりつけるもんですね・・・w

いつもはケチってばかりなので、感動しました。

そうこうしている間にも、チェックアウトの時間が迫ってきました。

正確には集合時間に間に合うタイムリミットが迫ってきた、という感じでしょうか。

というのも四季島の集合時間が上野駅に7時30分というかなり早い時間に設定されてるんですね。

オプションでも東京ステーションホテル宿泊プランを選べましたし、ハイヤー送迎も選択できましたが、ここは我々庶民ですので・・・。

東京駅から上野駅までは山手線で移動しましたwww

うーん、豪華寝台特急乗るのに、直前に通勤列車にのるという・・・。

祖母が首都圏の鉄道にあまり乗りなれていないので、楽しかったですけどね。

ちなみに切符は団体旅客券をもらえたので、首都圏でしたらその切符で上野まで来れるようになっています。

さて、今回は四季島に乗車する前にどのようなものが届いて、どのように駅に向かうかまでお送りしました。

次回の記事は、上野駅到着~乗車するまでをまとめていこうと思います。

はたして、どんな列車なのか。どんな旅になるのか。

次回の記事も面白おかしくまとめていこうと思います。

次回もお楽しみに~!

スポンサーリンク

関連記事